東大生の家庭教師が、中学受験の救世主でした

息子は二年生の頃から中学受験をしたいと、頻繁に話していました。どうやら私立中学そのものがカッコイイというイメージがあり、それに憧れていたようです。親としても息子が良い環境で育ってくれればと思い、中学受験を本格的に始めることにしました。
そこで評判の良い集団指導塾に通わせ始めたのですが、思うような結果は出ませんでした。偏差値も大して上がらず成績も気持ちも停滞してしまい、もうやめてしまおうかという話まで出ていたのです。
ですがもしかしたらと思い、ラストチャンスとして東大生の家庭教師を試してみました。カリスマ講師が集団授業で教えてもダメだったのなら、むしろ息子の気持ちが分かる学生に家庭教師として教えてもらった方が良いのではないかと思ったのです。結果としてこれが大正解で、東大生の先生はまずどうして勉強に苦手意識を持ってしまったのか、というところからじっくり息子と向き合ってくれました。息子としても年の離れたお兄さんが出来たようで嬉しかったらしく、すぐに東大生の先生と打ち解け勉強も身を入れて頑張るようになりました。その結果無事に志望校の一つに、合格することが出来たのです。
中学受験の方法に正解はありませんので、柔軟に色々な方法を試してみることが有効なのかもしれません。塾に通わせなければと考えていた私にとって家庭教師に切り替えることは勇気がいりましたが、私達の場合は切り替えて本当に良かったです。