中学受験が乗り切れたのは、東大生の家庭教師のおかげです

娘が中学受験をしたいと言い出したのですが、あいにく家の近くに中学受験に対応した塾はありませんでした。電車で一時間ほど行ったところにはあったのですが、娘はあまり身体が強くないので、小学校と塾を両立させることは不可能です。なのでどうしたら娘の希望を叶えてあげられるかと、随分悩みました。
そんな時に夫から提案されたのが、家庭教師です。これなら通う必要もありませんし、じっくりと娘のレベルに合わせた授業をして貰えます。そこで色々な先生を試してみたのですが、娘が最終的に気に入ったのは東大生の家庭教師の先生でした。まだ学生だということもあり最初は反対だったのですが、授業の様子を見ているうちにその気持ちも変わりました。東大生の彼女はまず娘の特性を確かめた上で、どうやったら勉強が上手くいくのか、心がけなければいけないことは何かというところから、じっくりと取り組んでくれました。その結果娘の気持ちも素直に勉強に向かうようになり、とても助かりました。聞いてみると先生が自分の勉強経験から考えだしたノウハウらしく、流石は東大生だと感心してしまいました。そうして彼女にマンツーマンで教えてもらった結果、無事良い結果を得ることが出来たのです。
中学受験と言うと塾が思い浮かびますが、家庭教師は通学時間のメリットもありますし、思う存分個別指導が受けられます。受験を始める際には、是非検討してみると良いと思います。